看護師の転職お悩み相談

看護師:転職の理由「看護師をやめたくなった・・・」その時どうする?

 

看護師のお仕事を始めてから、辞めたいと思ったことがない、という方はあまりいないのではないでしょうか。

 

一度も辞めたいなんて思ったことがない! という方はとても幸せなナースだと思います。

 

看護師は転職率の高い職種。

 

さて何が原因で退職してしますのか、本当のところはどうでしょうか・・・。

 

ある統計によると転職を考えた一番の理由は「上司、先輩との人間関係」とあげられています。

 

また、「スキルアップ、キャリアアップのため」「他の分野に携わりたい」「給与アップしたい」「同僚、後輩との人間関係」「進学」「>育児」「結婚」「医師との人間関係」などといった理由があげられています。

 

この中で気になるのが「人間関係」、上司、先輩はもちろん、同僚、後輩やドクターとの人間関係がどうもしっくりいかない、辞めて転職したくなるほどしんどいという方が多いということです。

 

業務がハードで肉体的にも精神的にもとても大変な看護師業務。

 

なのに転職したい理由が業務内容や患者さんとの関係ではなく職場の人間関係とは、どちらかというと仕事以外での細々とした関係に疲弊しているナースの多いことに気づかされます。

 

という事はこれとは逆に人間関係が円滑ならば多少ハードでも大変な患者さんでも乗り越えられるという事なのかもしれません。

 

 

看護師:転職しなかった理由「看護師を辞めるの辞めた・・・」そのワケは?

 

そこで「転職したい」と思って思い切って転職してしまうナースともうちょっと我慢しようと踏みとどまるナースに分かれます。

 

女性ばかりの職場ならではの気苦労や気疲れもあるでしょう。

 

転職したい!でも転職しなかったという方の理由はというと「勇気がなかったから」「今の職場より良い勤務先が見つからなかったから」「今の職場にやりがいをみつけたから」「自分の知識や技術に不安を感じたから」「転職することにより給与が下がる不安を感じたから」「上司に説得されたから」「家族に反対されたから」といった理由があげられます。

 

このような理由はナースに限らずサラリーマンやOLにもあてはまります。

 

ただ看護師の転職率は一般的に低くはなく転職経験者が多いのも確かです。一つには看護師不足で引く手あまたという事もあります。

 

ただ、あまり転職回数が多すぎると求人サイドはキャリアの一貫性に注目します。転職に踏み切る前に「なぜ転職するのか、今の職場でやり残した事はないのか」

 

と自分に問いかけ、キャリアアップやライフスタイルがよりよくなるような転職であるかしっかり検討するようにすることが大切です。

 

ナース・看護師の求人の選び方はこちら

 

 

更新履歴